ロゴ

Categories

HOME>レビュー>糖尿病の食事に注意!悪化や合併症を防ぐために大切なコト

糖尿病の食事に注意!悪化や合併症を防ぐために大切なコト

カウンセリング

糖尿病を患ってしまった場合、食事には十分に注意しなければなりません。食事を気にせずとってしまうと悪化を招く他、合併症を引き起こす原因になってしまうので糖尿病の食事は重要だと言えるでしょう。また、糖尿病患者がどういった食事をとっているのかチェックしておくと良いです。

レビュー

赤身肉は控えるようにしています(50代 男性)

体力を落とさないためにもお肉は必須だと考えていて、健康上脂身は良くないと赤身肉を食べるようにしていました。でも糖尿病と診断されてしまい、その食生活も一変せざる得なくなりました。赤みと雖も肉ということもあり、やはり食べすぎるとリスクは高まるので悪化しないためにも、できる限りお肉より魚を中心に食べるようにしています。身肉に含まれるヘム鉄が原因で、2型糖尿病のリスクが高まると医師にも言われたし、糖尿病の食事は一般的な人とは異なるし、他人とテーブルを囲むのも一苦労です。でもこれ以上悪化させるわけにはいかないし、最低限今の状態をキープしていくためにも魚中心にして赤身でもお肉は控えていこうと決心しています。

焦げには注意して食べています(50代 女性)

お肉やお魚もよく焼いたものが好きで、比較的なんでも焼きたいタイプですが、焦げはイメージしている以上に身体にはよくないと知りました。特に糖尿病になってからは、食生活にかなり気を使うようになり焦げ大敵になっています。糖尿病はもちろん動脈硬化を進めてしまったり、身体の老化を早めたりしてしまうというのは恐ろしいことだなと思うし、ご飯のお焦げにすら気を使うようになりました。糖尿病の食事では、ありとあらゆる食材に注意して控えたり避けたりしなくてはならないので大変です。問題ないとされているものを食べる場合でも、調理方法によって一気に身体への悪影響のリスクが高まるのでかなり気を使っています。悪化を防ぐためには気を抜かないことが大切だなと感じました。